近年の婚活で、再び脚光を集めつつある「お見合い」について

近年は男女共に焦って結婚しようと考える人が非常に減っていますから、かつてのように普通に自由恋愛をしているだけでは、なかなか成婚まで持って行き辛い状況にあると言われています。

 

そういった中で、再び最近クローズアップされてきているのが「お見合い」という我が国における伝統的な婚活手法になります。

 

お見合い

バブル世代の方の中には「自由恋愛で相手を見つけられない人のための、救済的な手段」として、ちょっぴりこの婚活手法を馬鹿にして見る傾向も確かにあったみたいです。

 

でも、ココまで成婚率の低下が進んでくると今度は「結婚したいといった意志を明確に持っている相手と、一番確実に出会える手段」として、その価値が再び見直されてきたという訳です。

 

 

昔の日本においては結婚と言うのは当人同士の好きや嫌いといった感情は二の次で、家系を絶やさないためとか経済的に豊かになるといった親御さんの意志が強く反映されて、結婚相手を選ぶというのが戦前までは世間の常識でした。

 

流石に現在のお見合いにおいては勿論当人同士の意思が最優先されるようになっていますが、そこまでセッティングするまでの相手選びには親の意向も如実に反映される事も少なくありません。

 

自由恋愛のようにあまりにトンデモナイ相手とイキナリ結婚される心配が無い事から、最近では親御さんの方からもお見合いによって結婚相手を探すというのは非常に歓迎されているようです。

 

また自由恋愛と比べて、成婚後離婚する確率も自由恋愛に比べて圧倒的に低いというのも、近年お見合いが人気を集めている大きな要因となっているようです。