結婚にいたるまで

私は現在、結婚5年目の専業主婦です。

 

私は30歳で結婚と今の時代だと、まぁまぁ平均的な年齢での結婚でした。

結婚指輪

もちろん、私の親世代から言わせたら、遅い結婚でしたけれど・・・。

 

 

現在、晩婚化が進んでいます。

 

実際、私の周りの友人を見ても、35歳という年齢ながら3分の1の友人が未だ独身です。

 

これが多いほうなのかはわかりませんが、独身の友人の中で結婚を切に願っている人はほんの少しだったりすることに驚かされます。

 

未婚であることを否定はしませんが、ぜひとも子供はもうけてほしいとい考えが私にはありました。

 

さらに年齢が高くなると、不妊率はともかく、子育ては結構な体力勝負もありますから、早く家庭を築いたほうがよいと最近は身にしみます。

 

ですが、独身の友人に聞きますと、数年前までは、一時、婚活ブーム的なところがあったけれど、今は女子会、男子会と同姓で楽しもうという感じがして、いまいち婚活という雰囲気にならないそうです。

 

 

また、3年ほど前に実際に結婚相談所に登録し、婚活に力を入れていた友人は、何度か男性とお見合いのようなことをしたそうですが、結婚を前提に多くの方と会っているうちに、どんどん理想が高くなり、むしろ完璧な相手を探すくらいなら、一人のほうがよいという結論に達したそうです。

 

私自身、結婚するまでに、結婚願望があったかというと、20代前半には結婚したいと思ってましたが、年を重ねるにつれ、意欲は薄まっていたように感じます。

 

 

そして、結婚を意識していないときにこそ、今の夫と出会い、お付き合いし、家庭を築くことに違和感を感じないため、結婚にいたったような気がします。

 

それは、就職活動いわゆる就活でも、同じだったような・・・なんとか就職を決めたいと意気込んでるときより、ダメなら他を探そうとどーんと構えてるときにこそ、内定をとっていたような気がします。

 

ただ、これは結果論なので、絶対当てはまるとは思いませんが、ただ、少子化をも打開するために、晩婚化を食い止めることができたらいいなとは思います。