結婚にいたるまで

結婚にいたるまでの婚活についてのブログです。

2014/03/27 15:19:27 |

婚活の1種として、街コンという言葉が定着してきています。

 

街コンとは簡単にいうと街ぐるみの合コンです。

 

街をあげて男女の出会いの機会を作るという目的ですが、街おこしの意味合いがある場合もあります。

 

街コン

 

システムは、街コンが行われる地域の決められた店舗を自由に廻りながら多くの人と交流します。

 

通常男性同士、女性同士二人のペアで参加します。

 

二人組の方が一人参加より声がけしやすいという理由からです。

 

参加費を支払うと後はそれぞれが指定の店舗で飲食します。合コンというと、多くても数名同士で行いますが、街コンは一度にもっと多くの人との出会いが期待できます。

 

 

そして参加者が自由に行動するというカジュアルさから、より一層交流しやすいという利点があります。

 

街コンに参加する人は異性との出会いを求める人がほとんどですが、中には仕事上のマーケティングリサーチを兼ねている人もいるようです。

 

街コンはいろいろな地域で増えつつあり、今後ますます注目されるイベントといえるでしょう。

 

無料婚活サイトよりは少しお金は掛かりますが、費用的にも安いので参加しやすい婚活イベントとなっています。

 

週末に暇な友達がいれば声を掛けてみてはどうでしょうか!?

 

 

 

2014/03/12 13:06:12 |

若い頃はあまり結婚のこと考えていませんでした。

別れたカップル

女性とも数人付き合って別れたりを繰り返してました。

 

数年前に本気で結婚を考えていた彼女がいましたが、仕事の関係で一緒に過ごす時間のズレが生じて別れてしまいました。

 

それから数年女性と付き合っていません。

 

 

もう年齢が30代前半なので両親にも心配されています。

 

早く孫が見たいだのいろいろ言われ、親戚からもつべこべ言われる状況です。

 

本気で結婚を考えていた彼女と別れてだいぶ時間が空いたのでそろそろ動こうと思いました。

 

友人も結婚してる人はたくさんいますし、このままずっと独身とゆうわけにもいきませんので。

 

最近では婚活ブームと言われており、結婚相談所などが流行っているみたいですね。

 

 

最初は自分で結婚相手を探そうと思いましたが、年齢的にあまり出会いがないので結婚相談所に登録することにしました。

 

インターネットでいろいろ調べて人気の相談所を探して出向きました。

 

登録制で会費もかかります。

 

対応は親切丁寧で良かったです。

 

実際に自分が希望した女性を紹介してくれたり、女性側に紹介されたりといろいろ出会いがあります。

 

その中で結婚相手を決めるのですが、なかなかスムーズには進みませんね。

 

 

そこで結婚相談所の婚活パーティーに参加することにしました。

 

婚活パーティーならたくさんの女性と手間なくお話や交流ができるので割とスムーズに相手を探せますよね。

 

定期的に参加していい相手を早く見つけたいと思います。

2014/03/06 12:35:06 |

20代後半や、30代に入ると将来の伴侶を見つけたいと思っている方がほとんどだと思います。

 

職場と家を往復しているだけでは、なかなか素敵な異性と出会うことは出来ません。

 

自分の行動範囲を広げることが大切ですし、婚活を希望している方は出会いを見つけるために、パーティーに出席をしてみることが大切です。

 

外見が好みではない方もおられますが、見た目の印象だけで決めてしまうのはやめるようにしましょう。

 

大切な事は気が合うことや、金銭感覚、価値観などが似ている相手を見つけることが大切なので、先入観を持たずに話をしてみることが大切です。

 

初めて会う人には、年収やプライバシーに関する話題はなるべく避けるようにしたほうが良いと思います。

 

婚活パーティー

 

男性の方も、女性の方もどんな服装にしたら良いか迷っている方が多いですね。

 

正装をする必要はありませんが、髪の毛がはねていたり、爪が伸びていると清潔な印象を持ってもらえないので、注意をするようにして下さい。

 

せっかく、パーティーに参加をしても気の合う異性に出会えない場合もありますが、将来の伴侶を見つけるためには、あせりは禁物です。

 

次の機会に気の合う異性を見つけることができることがあるので、積極的に出会いの場に参加することが大切です。

 

女性の方は、会話が盛り上がってくると相手の男性にボディータッチをしてしまいがちですが、誤解を招くことがあるので注意をするようにして下さい。

 

気の合う異性が見つかったら、メールや電話のやりとりをして交流を深めていきましょう。

2014/02/28 05:59:28 |

近年は男女共に焦って結婚しようと考える人が非常に減っていますから、かつてのように普通に自由恋愛をしているだけでは、なかなか成婚まで持って行き辛い状況にあると言われています。

 

そういった中で、再び最近クローズアップされてきているのが「お見合い」という我が国における伝統的な婚活手法になります。

 

お見合い

バブル世代の方の中には「自由恋愛で相手を見つけられない人のための、救済的な手段」として、ちょっぴりこの婚活手法を馬鹿にして見る傾向も確かにあったみたいです。

 

でも、ココまで成婚率の低下が進んでくると今度は「結婚したいといった意志を明確に持っている相手と、一番確実に出会える手段」として、その価値が再び見直されてきたという訳です。

 

 

昔の日本においては結婚と言うのは当人同士の好きや嫌いといった感情は二の次で、家系を絶やさないためとか経済的に豊かになるといった親御さんの意志が強く反映されて、結婚相手を選ぶというのが戦前までは世間の常識でした。

 

流石に現在のお見合いにおいては勿論当人同士の意思が最優先されるようになっていますが、そこまでセッティングするまでの相手選びには親の意向も如実に反映される事も少なくありません。

 

自由恋愛のようにあまりにトンデモナイ相手とイキナリ結婚される心配が無い事から、最近では親御さんの方からもお見合いによって結婚相手を探すというのは非常に歓迎されているようです。

 

また自由恋愛と比べて、成婚後離婚する確率も自由恋愛に比べて圧倒的に低いというのも、近年お見合いが人気を集めている大きな要因となっているようです。

2014/02/21 17:19:21 |

私は現在、結婚5年目の専業主婦です。

 

私は30歳で結婚と今の時代だと、まぁまぁ平均的な年齢での結婚でした。

結婚指輪

もちろん、私の親世代から言わせたら、遅い結婚でしたけれど・・・。

 

 

現在、晩婚化が進んでいます。

 

実際、私の周りの友人を見ても、35歳という年齢ながら3分の1の友人が未だ独身です。

 

これが多いほうなのかはわかりませんが、独身の友人の中で結婚を切に願っている人はほんの少しだったりすることに驚かされます。

 

未婚であることを否定はしませんが、ぜひとも子供はもうけてほしいとい考えが私にはありました。

 

さらに年齢が高くなると、不妊率はともかく、子育ては結構な体力勝負もありますから、早く家庭を築いたほうがよいと最近は身にしみます。

 

ですが、独身の友人に聞きますと、数年前までは、一時、婚活ブーム的なところがあったけれど、今は女子会、男子会と同姓で楽しもうという感じがして、いまいち婚活という雰囲気にならないそうです。

 

 

また、3年ほど前に実際に結婚相談所に登録し、婚活に力を入れていた友人は、何度か男性とお見合いのようなことをしたそうですが、結婚を前提に多くの方と会っているうちに、どんどん理想が高くなり、むしろ完璧な相手を探すくらいなら、一人のほうがよいという結論に達したそうです。

 

私自身、結婚するまでに、結婚願望があったかというと、20代前半には結婚したいと思ってましたが、年を重ねるにつれ、意欲は薄まっていたように感じます。

 

 

そして、結婚を意識していないときにこそ、今の夫と出会い、お付き合いし、家庭を築くことに違和感を感じないため、結婚にいたったような気がします。

 

それは、就職活動いわゆる就活でも、同じだったような・・・なんとか就職を決めたいと意気込んでるときより、ダメなら他を探そうとどーんと構えてるときにこそ、内定をとっていたような気がします。

 

ただ、これは結果論なので、絶対当てはまるとは思いませんが、ただ、少子化をも打開するために、晩婚化を食い止めることができたらいいなとは思います。